Header Image

自分の専門キャリアを見つけたい!ブログ

テープ起こしはパイオニアに任せようNO

02

7月

Posted by admin in サービス

どのような業界にもパイオニアがいるものですが、やはりパイオニアというだけあるサービスを持っていることが多く、参考になります。特にテープ起こしのサービスについてですが、業者によって品質が大きく変わることも珍しくないので、そういった経験が豊富なところに任せるのが一番です。特に内容のジャンルに関わらず、どのようなものでも品質の高い文章にしてくれると言うことはありません。

そこで、今回は「テープリライト」というホームページをご紹介します。こちらのテープ起こしのHP(管理人推奨サイト)は、言葉を文章に書き起こしてくれるサービスを提供しているホームページです。この業界のパイオニアともいうべき存在であり、どのようなジャンルでもそれに合った品質のものを作成してくれます。たとえば、法廷提出用・記録用、医薬用、一般用、外国語(英、仏、独、他)、出張録音取材といったものが可能です。

テープ起こしを自力で行うのはかなり難しく、ノウハウがなければ何時間、何十時間とかかってしまいます。そのような時間をかけるくらいなら、プロフェッショナルに任せるほうが効率的なので、上記のサービスを利用してみてください。無駄な時間を使うことがなければ、その間別の業務を進めることができると思います。

Continue Reading >>>

人事のことならプロにお任せNO

01

1月

Posted by admin in ビジネス情報

今、こうしている間にも、日本のどこかで一生懸命働いている人がいる。そんなことを思うと、エールを送りたくなる気持ちになるのは私だけでしょうか?私は、長年人事考課に勤めていました。最近つくづく思うのは「適材適所」ということです。何事にも、その場所にあったモノがその場所にあるべきなのです。しかし、最近ではなかなか個性が許されず、みんな同じ能力でなくてはならないという風習があるように感じます。

しかし、それでは会社は上手く回らないのです。機器が苦手な人が、機器を扱う仕事をするのはとてもストレスがたまります。そうではなく、得意分野を生かせる仕事をさせ、苦手なことろは協力して問題解決するのが一番です。また、先日「ダメな経営者は、何でも人に任せる。良い経営社は、何でも自分でできる。さらに優秀な経営者は、自分のダメなことろを理解し、人に任せることができる」という文章をみつけました。まさにコレだと思います。

ダメということは、マイナスなイメージに取られがちですが、実はそれを認めて得意な人に任せることができるのが一番なのです。人は、だれしもカンペキではありません。私の仕事は、そんな得意・不得意を見つけて、仕事をスムーズに回すことだと考えています。

Continue Reading >>>

カーデザイナーとして働くために必要なことNO

20

8月

Posted by admin in 車情報

自動車を含めた乗り物のすべてにはデザイナーが必要になります。時代のニーズに合わせたイメージを形にしていき表現することが求められます。そういったデザイナーとしての勉強をするためにカーデザイナーの学校があります。カーデザイナーの学校ではデザインセンスだけでなく車に必要となる力学や工学に関する知識も必要となり、様々な技術も学ばないといけません。

車のデザインは企業にとってのコンセプトを表現できる物でないといけません。そういった要望に応え形にしてくためにはそれ相応の経験値が必要になります。専門学校でも大学でもカーデザイナーとしての知識等は学ぶことができますが、一人前として仕事ができるようになるためには実践の中で学ぶべきことが沢山あります。常に新しいアイデアをイメージしつつそれを表現できるように実践していくといいでしょう。

カーデザイナーとして働くためにはCADの資格が必要になったりします。工業デザインの知識が必要になる等とにかく多彩なセンスや知識がが求められ、常にレベルアップを考えて行動をしていかないといけません。学校に行って学べること以外の必要になりそうな知識や資格は持っておくとカーデザイナーとして成長していけますよ。

Continue Reading >>>